自分行方不明な引きこもり人間の日記

愚痴、ネガティブが多いと思います。そういうの苦手な方は見ないほうがいいです。

新たな問題。

セラピーの効果もあり、自然体が徐々に出てきているのですが、僕が向き合う問題は引きこもりとアダルトチルドレンと親との関係だけだと思っていたんですよ。

 

でも、自分がLGBTなんじゃないかと思ってきました。自然体を初めて体感しつつあるのですが。

 

正直な気持ち、向き合わなきゃいけない問題が1つ増えた気がします。引きこもり&親の過干渉&LGBTって。

 

前向きになんてなれませんよ。何個向き合わなきゃいけないんですか。

スターありがとうございます。

これはあれですね、なんというか、スター頂くと本当に嬉しいですね。

 

たとえ1つや2つであっても、自分の文章を読んでくれている人がいるというか、共感者がいてくれるというか、もちろん大半の人は僕の文章は受け付けないと思ってますが、素直に嬉しいです。

 

この世界にいてもいいんだと思えるというか、誰かの役に少しでもたっていると思えるというか、言い表すのが難しい感覚です。

 

僕はつい最近まで、ブログすらできませんでした。理由は、批判が怖いからです。もし、コメントに「甘えてんじゃねえ」とか、「生きてる価値ないね」とか書かれたら、どうしよう、また傷つくと思ってました。

 

しかし、トラウマを癒やすことを覚えてから、完全ではないですが、仮にそう言われたとしても、受け止めようというか、そういう意見があって当然だと思えるようになるというか、そんな感じです。

 

書く頻度は適当ですが、書いているとストレス解消になっている気もしますし、スター頂くだけでも、人とつながっている感覚になれますし。

 

人間不信だからこそ、些細なことで非常に幸せを感じます。ありがとうございます。

引きこもりは何が一番辛いか。

将来の不安がつらい、外に出れないのがつらい、やる気がでないのがつらい、自分を責めるのがつらい、色々あると思うんですが、僕は「孤独」が一番つらいと思うんです。

 

例えば、引きこもりの親が本気で子どもと向き合い、接してくれていれば、そもそも引きこもってないわけですね。前の記事でも書きましたが、過干渉がほとんどなので、子どものときから成功体験を奪うわけです。で成功体験を奪っておいて、いざ引きこもりになったら放置です。こちら側から文句を言わせていただくなら、散々干渉したのであれば、引きこもったときの問題解決も面倒みてくれよと。引きこもった途端に放置するのであれば、最初から放任して、色々と経験つませてくれよ、と。

 

世間一般的には引きこもり=甘えですが、実際に引きこもりの家庭を覗いてみると、必ず問題があります。

 

しかし、世間的には甘えに見られても仕方がないと思います。世の中はそんなもんだと思うので。

 

で、ですね、放置されているということは既に親ではないんですね。食事と住む場所だけ提供してくれてる存在ということです。

 

優しくする、甘やかすことが愛情ではないんですね。厳しく叱ってくれる、向き合ってくれることが愛情なんです。

 

その愛情を受け取ってこなかったので、無気力なんです。

 

自分は愛されなかった、だから生きてる価値もない、もうどうにでもなれ。と自暴自棄になります。

 

ですので、親から愛情をもらうのは不可能なんです、絶対に。

 

ではどうすればいいか、同じ引きこもりの仲間や、引きこもりの専門家・アダルトチルドレンのカウンセラーなどと繋がるしかないんです。

 

自分を好きになってから繋がるのではなく、繋がるから自分を好きになれるんです。

 

トラウマが癒せれば、勝手に自分のこと好きになれます。

 

好きにならなきゃ とかではなく、勝手に好きになります。好きになりたくなくても好きになります。

 

で大体こういう場合、引きこもりの方は、自分を好きになったら働かないといけない、だから自分を好きになることも怖い、と考えます。

 

自分を好きになったら働かなきゃではなく、とりあえずトラウマ癒やすことだけ考えていればいいと思うんです。自分を好きになれば、自然と外に出ていきますので。

 

親に愛されなかったとしても、生きてていいですし、幸せになる権利があります。

 

生きてていいんです、引きこもりであっても。

 

精神薬飲んでいても治りません。精神薬はお酒と一緒ですので。その場限りです。

 

根本にあるものはトラウマです。

 

戦争から帰ってきた兵士がPTSDになることがあるらしいですが、それが精神薬で治るでしょうか?なぜPTSDになったのか、それは人を殺めた罪悪感や、戦争の記憶が脳から離れないからです。

 

根本を変えないで治すというのは、無謀だと思います。精神薬出しときゃ治るだろうという精神科医は、教科書通りのやり方しかしりません。

 

ただ本来は、精神科に行く側も、そこを考えて行かなければならないのです。残酷かもしれませんが、無知は自己責任になりますので。

 

自己責任って思えず、人のせいにしてしまう自分がいても、それでもいいと思います。それも、トラウマが癒えれば、勝手に自己責任持てるようになります。

 

僕はこの事実にたどり着くまで、11年も精神薬を飲み続けてしまい、無駄なことをしたと思い、精神科に連れて行った親や精神科医を散々恨みましたが、スピリチュアル的には、この経験を来世に持ち越せるらしいですね。

 

目に見えない世界なので、それが真実かどうかは確認できませんが、そういう経験もすべて持ち越せると思うと、少しは気が楽ではないでしょうか?

 

無駄なことってやはり1つもないと思います。

どうせやるなら楽しいことを。

引きこもりってネットゲームとかTVゲームやってる方が多いと思うんですが、僕もやってました。

 

で厄介なのが、別にやることは問題ないと思うんですが、楽しくないのにやってる人が意外と多いと思うんです。

 

それしかやることがないからやってる、他に何もないからやってる、自暴自棄でやってる、依存しているからやってる、など。

 

そしてそれを、「これが今時分のやりたいことだ」と錯覚してしまっているのが良くないと思います。

 

スマホゲームやネットゲームが流行ってますが、本当にそれが大好きな人って少ないと思ってるんです。

 

本当はやりたいことあるけど、やるのが恥ずかしいからやってない人って、多いと思うんです。

 

で、楽しいことはエネルギーになります。

 

だから、どうせやるなら楽しいことやった方がいいと思うんです。本当にゲームやネットが好きなのかどうか、見つめ直すのは大切なのではないでしょうか。

1人で出来ないことは、どう頑張っても出来ないです。

引きこもりって人間不信がほとんどと思います。

 

人間不信ということは、自分しか信じていません。しかし厄介なことに、自分しか信じていませんが、その自分も嫌いなんですね。つまり、味方は0です。時間の無駄だと分かっていても、あえてそういう行動をとってしまいます。目に見えない自傷行為と同じですね。

 

しかし、自分ひとりで解決しなければと思っているので、人に頼りません。もっというと、頼り方を知りません。

 

しかし、今はネットという便利なものがあるので、引きこもりのカウンセリングを受けることも可能です。外に出れない人は、Skypeでも受けられるところもあります。

 

無料で相談できる窓口もあります。具体的な解決方法は教えてくれなかったイメージですが、話相手や愚痴は聞いてくれます。

 

引きこもりって頭の中で常に色々考えているので、何やっても中途半端に終わってしまうことがほとんどなんですよ。だって、自分で決断をさせてもらえなかったんですから、無理なのは当たり前だと思います。引きこもりの解決なんて、第三者でもスキルがいると思うのに、それを人生経験させてもらえなかった引きこもり本人が1人でやるなんて、冷静に考えれば無謀だと思うんですね。

 

僕もずっとその悪循環にハマってましたが、トラウマを癒やす方向に切り替えたら、人に頼りたくなってきました。

 

人に頼りましょう。今は引きこもりの専門家も少しずつですが増えています。やっぱり専門家の方がいいです。友達や家族に相談しても、余計に傷つくことが多いと思います。引きこもりの精神状態を理解するのは、専門家でないと難しいと思うので。

 

で、人に頼るの怖い、恥ずかしい、頼り方分からないって方は、まずトラウマ癒やしましょう。

 

トラウマの癒やし方はネットで検索してもたくさんでてきます。

 

呼吸法が一番シンプルで簡単だとは思いますが。

 

はい、疲れたのでここまでにします。

 

 

 

日本人が病みやすい原因を勝手に考えてみました

個人主義集団主義かとかその辺もあると思うんですが、僕は「感情を表に出すかどうか」だと思ってるんです。

 

男は泣くなとか、子どもの頃よく言われましたが、子どもの男だったら泣いて普通だと思うんですね。

 

なんなんでしょうね、我慢=美徳みたいに履き違えてるというか、人に弱みを見せないのはカッコイイかもしれませんが、限度があるのではないかと。

 

僕は結構泣き虫でしたが、男は泣くな と言われることが多く、それを鵜呑みにしたのが1つの間違いだったかなと。

 

むしろ子どもの頃にたくさん泣いた方が、大人になって強くなるんじゃないかと。

 

感情出せるって子どもの特権ですよね。

 

男は~でなければならないとか、男らしさを履き違えてる教育が多いというか、やっぱりそうやって考えると、アダルトチルドレンって連鎖するんですねえ。

 

夢を追いかけることなんて出来ず、アダルトチルドレンの連鎖を断ち切ることが生きる目的になってしまっているというか、自分がそうなってしまうと、なんでこんな人生なんだろって思いたくもなりますが、やっぱりそれに耐えられるだけの力があるから与えられたのだろうと。

 

僕思うんですけど、引きこもりの方ってもしお金があるならば、なんか有名な占い師とかにみてもらうってのもアリだと思うんですね。

 

今ネットでもみてもらえるんじゃないでしょうか?

 

もちろん、詐欺占い師に当たらないように気をつけなければいけないですけど。

 

例えばですけど、男の癖に繊細で女々しい自分が嫌い(僕のことです)と思ってる人が、前世はフラワーデザイナーでした、とか男性ソプラノ歌手でした、とか言われれば、それが真実じゃなかったとしても、少しは救われませんかね?

 

ああ、前世そうだったんだ、どおりで女々しいわけだ、でも悪いことばかりじゃないんだ、みたいな感じで。

 

都合良すぎでしょうかね。

 

僕は美輪明宏さんや、江原啓之さんなどを見ていると、なんか安心しますが、その反面、違和感もあります。ずっと男らしくなければいけない環境でしたので。

 

毎回書いてて思うんですが、タイトルからいつも話が脱線するんですよね。

 

でも気にしないです。義務でやると辛くなりますから、適当に書いていきます。

アダルトチルドレンの種類はどうでも良いと思う

引きこもりとアダルトチルドレンって密接な関係にあると思うんですが、アダルトチルドレンってヒーローとかピエロとかなんか種類があったりしますよね?

 

僕は基本的にその辺りの知識はどうでもいいと思ってるんです。

 

結局は原因は幼少期のトラウマがほとんどだと思うので、トラウマを癒やせば、本当の自分が出てきますし、好きにもなれますし。

 

なんかアレですね、なんで自分がこういう人生歩んでるんだろうとか、人とか環境や親のせいにしたくなるのは当然だと思いますけど、考え方少し変えれば、そういうことに耐えられる力を持っているから、そういう試練を与えられたのかと思うと、少し気が楽になるのではと思います。

 

僕は子供の頃から、スピリチュアルとか輪廻とかそういう世界に全く抵抗がありませんので、そういう考え方嫌いじゃないんです。

 

外が怖いっていうのは、強欲とも言えると思うんですね。批判されたくない、傷つきたくない、叱られたくない、バカにされたくない、など。

 

家にいても常に申し訳なさを抱えてる人が大半だと思いますが、その一方で、しっかり欲は持ってるんですよね。

 

ですからやっぱり、世の中ってバランスを取るようにできていて、子育ての仕方が間違って伝わっていったら、必ず引きこもりなどの問題が発生して、課題に向き合わせるようにできているというか、むしろ引きこもりという問題があるからこそ、子育てを見直す人が必要になってくるというか、そう思うと、やっぱり人間って死ぬまで修行なんだなと最近思います。