自分行方不明な引きこもり人間の日記

愚痴、ネガティブが多いと思います。そういうの苦手な方は見ないほうがいいです。

これは自分の感情じゃない。演じる自分が気持ち悪くて吐き気がする。

家の中で親と会ったときに、本当は泣きたいほど苦しいはずなんですが、無意識に平気な自分を演じます。

 

泣くことはトラウマ解消にもいいらしいのですが、泣こうとしても泣けません。

 

こんな状況でも親の前では表面的に平気な自分を演じている自分が、本当に気持ちが悪いと思う。

 

それを鵜呑みにする家族も気持ちが悪い。

 

家の中でサラリーマンやってる感じ。

 

本当に気持ちが悪い。

 

早くこの共依存状態から抜け出したい。

 

でも、自分のことを気持ち悪いって思ってはダメですね。

 

無意識で演じてしまうのだから、そう簡単には治らないし、本来は人前で弱みみせないっていうのは、良いことのはずですし。

 

ブログでは弱音ばっかり吐いてますけど。

 

ブログでくらい弱音吐いてもいいんじゃないでしょうか。

 

演じたあとは本当に疲れます。もう嫌だ。

二重拘束?

両親共に過干渉で、戦い方が難しいです。

 

母親が2人いるような感覚ですね。

 

ネットの掲示板かなにかで、「両親共に過干渉(ダブルバウンド?)の場合、よっぽど良い友達に恵まれない限り人生詰み」みたいな書き込み見かけて、その通りかも、と思いました。

 

そのとおりかもしれませんし、既に詰んでるかもしれませんが、可能性が0ではないので、なんとかマイペースにやっていきます。どうせ、死ぬ勇気もないので。

ギャップがあるほど、戦えない、逃げられない?

いつも思ってるんですが、僕は自然体を出したら、どこまで戻ってしまうのだろうかと思い、怖いんです。

 

だって(だって、という言葉はよろしくないでしょうか?なぜなら、の方がいいのかな)、幼稚園の頃から、失敗を隠すために、先生に嘘をついていましたから。頭で計算してやっていました。しかも、上手くいくことも多かった。

 

その頃から既に、自分の体が体ではないような、違和感がありました。

 

今僕は20代後半ですが、この差があればあるほど、不安だと思います。

 

幼稚園児レベルまで戻ってしまうんでしょうか?それともそれも思い込みで、意外と小学生~中学生レベルで済むのでしょうか?

 

幼稚園児のときに輪に入れなかった時点で、既に諦めが始まっていたと思います。そのときにほったらかしにされていれば、自分で輪に入る行動を起こし、失敗し、成功したときには自信に繋がったでしょう。

 

助けなんかいらなかったです。輪に入れないというのも良い経験になるはずだったと思います。輪に入れないということは、入れない側にも原因あると思うので。

 

前よりは吹っ切れてきてはいますが、まだまだですね。

過干渉な親を持つ子どもは、最も理解されにくいのではないか?

身体的虐待とか精神的虐待とか色々ありますけど、目に見えない暴力って最も危険だと思うんです。

 

例えば、子どもの顔面に殴られた痕があったり、タバコの焼き痕があったり、ゲッソリ痩せていたりすれば、周りの大人が気づきますよね?大人じゃなくても、友達が気づくと思います。SOSが目に見えて分かると思います。

 

しかし、精神的虐待(特に過干渉)は気づかないんですよね。学校の先生や友達からすれば、「いい親、優しい親、面倒見のいい親」に見えます。そして、子ども自身もそう思い込んでます。こんなに優しい親なんだから、自分は人一倍頑張らないと、とか思う人が多いんじゃないでしょうか?僕はそうでしたが。

 

しかし、過干渉のストレスは確実に溜まっていて、人に当たったり、自分を傷つけて発散するようになります。しかし、ここまできても、子ども本人は原因に気づきにくいです。

 

「何がストレスなんだろう?こんなに親に良くしてもらっているのに、なぜ満たされないんだろう。こんなに良くしてもらっているのに、イライラしてる自分はダメだ、もっと自分に厳しくしよう」

 

僕は常にこれを思っていましたし、今も抜け出せていないです。

 

周りの人に相談しても、「イイ親なんだから大切にしろ、もっと頑張れ、甘えるな、親を安心させろ」と言われることがほとんどです。

 

しかし、過干渉によって経験を摘まれ、自分の感情が分からなくなってしまったことに気付いてしまった?ために、強烈な怒り、悲しみ、絶望がこみ上げてきます。

 

しかし、それは自然なことだと思います。経験を摘まれれば誰でも嫌でしょう。

 

自分で買ってきたゲームを、親や他人がプレイして、行き詰まったら本人にパスして、それを本人が攻略できるでしょうか?

 

行き詰まってパスするくらいなら、そこまでのプレイをさせてくれよ、と。

 

何も経験、プレイしていたのに、ボス戦まできている状態です。

 

だからやっぱり人が必要です。僕もそういう人を見つける方向で、少しずつですが動いていますが、やっぱりこの状況って言うのはつらいですね。

 

よく、自殺するのは甘え、逃げ、と言われますが、僕の経験上、死をも上回る恐怖、不安を感じているので、自殺してしまうんだと思うんです。

 

死ぬ気があれば何でもできる といいますが、その死ぬ気、死ぬ勇気、以上に不安、恐怖が勝ってしまったときに、人は死を選ぶと思うんです。

 

で、その大半は思い込みがほとんどだと思います。

 

これは思い込みなんだろうな、と頭で分かっていても、腑に落ちていないので、不安・恐怖が大きくなります。

 

じゃあなんで、そう思い込んでしまったんでしょうか? それ相応のトラウマがあったからだと思います。

 

だから結局、トラウマ癒やさないとダメなんですよね。トラウマそのままにしてたら、何度チャレンジしても失敗すると思います。思いますというか、僕はしましたね。

 

トラウマを自分で癒せる人もいれば、人に頼らないと厳しい人もいますよね。

 

僕の場合、トラウマを癒そう → トラウマを癒やさなきゃ、早く!早く!早くトラウマ癒やして自立しなければ! と、すぐ強迫観念に変わってしまうので、厄介なんですが。

 

結局、「自分のために生きる」っていうのが分からないんですよ。そりゃ子どものときから感情抑圧してたら、そうなって当然ですけど。

 

ああ、でもブログ書いて良かったですね。こうやって書いていると、自分が何について悩んでいるのか分かってきました。

 

楽しいことをしているときに罪悪感感じたくない!!!、今は一番これです。

 

だから結局、自分で決断することが怖いわけですよ。自分で決断する経験をしていませんから。自分の決断、自分の感情が信用できないわけですよ。

 

ボス戦に挑む勇気がないわけです。だって負けるの分かってますから。ドラクエでいうところの、スライム倒せない主人公が、ボス倒せないでしょう。

 

コマンドすら選べてないんです。

 

たたかう 

まほう

ぼうぎょ ←

アイテム

にげる

 

こんな感じでしたっけ?

 

ずっと防御している状態です。たたかう や 逃げる に カーソルを移動させますが、移動させるだけで、結局また ぼうぎょ を選択してる状態です。

 

スライム倒せない主人公がボス戦の前でずっと防御して耐えてたら辛いの当たり前でしょう。

 

ああ、なんかでも、少しは客観的に自分のこと見れてる気がする。

 

正直、こういう文章書くと、批判が怖くて仕方なかったですが、99人に批判されても、1人くらい共感者がいてくれるかなあ、なんて夢見てたり。

 

はい、疲れたので終わり。

引きこもりには人格障害が多いらしい。

僕も同感です。

 

人格障害があれば、人と良好な関係なんて築けなくて当然ですし、人が怖いです。

 

特に僕のような上から目線で心がないヤツは、嫌われます。

 

上から目線も、心がないのも自覚はあります。

 

でも、本心は外から見た行動と真逆で、自信が全くないです。

 

自分に価値は全くないと思っていますし、楽しいことをする権利も、幸せになる権利もないと思っているので、楽しいことをしていても罪悪感を感じます。

 

でも、そういう自分を人前で出せないので、上から目線の嫌なヤツという印象を与えます。

 

出せないですし、もっというと、出し方が分かりません。自然体ってどうやって出すんですか?と他の人に質問したこともあります。

 

自分の感情に素直になっていいという、経験をしていません。幼少期から、感情の抑圧が当たり前です。それがベーシックなので、自分の感情に従うことに、恐怖しかありません。

 

なぜ上から目線なのか、結局、人を信用していないからだと思います。

 

信用していない のではなく、信用の仕方が分からない です。

 

優しくされると怖くなります。何か裏があるんじゃないか?自分は騙されてるんじゃないか?利用されてるんじゃないか?

 

正直、疲れます。

 

まったくまとまりのない文章ですが、なんて言うんでしょう、要は人格障害になるってことは、それ相応の原因があるということを言いたいんだと思います。

 

頭こんがらがってきたので、この記事はこれで終わり。

小学校の恐怖。

子どものときから違和感ありました。

 

鏡をみても、自分が自分じゃないような。なんでここにいるのかよく分かりませんでした。

 

小学校に入学したとき、怖かったの覚えてます。小学校の初テストのとき、テストを受ける意味を考えて怖くなりました。このテストで悪い点数を取ると、どうなるのか?人間失格者の施設に入れられるんじゃないかと本気で思っていました。

 

怖かったので、カンニングしました。何とか難を逃れたと思い、ホッとしてました。

 

しかし、テストって1回だけじゃないんですね。不定期?に受けさせられるので、カンニングにも限界がきました。毎回、勉強が良くできる子のをカンニングしてましたが、当然、相手も気づきますよね。

 

僕はいつものようにカンニングしましたが、時間ギリギリに相手が回答をすべて消しゴムで消し、書き直したんです。

 

そうです。わざと嘘の回答を書いていたんです。これにはやられました(カンニングしておいて、やられましたはないだろう)。

 

そのとき、本気で人生終わったと思いました。

 

ああこれで、人間失格施設的なところに収容されるのだろうと思い、めちゃめちゃ怖かったです。

 

確か小学校1年生のときのことだと思いますが、この辺りからやっぱり人とズレてましたね。今もズレてますけど。

 

でね、こういう文章書いているときも、タイピングするとき、頭で考えてタイピングしてるんですよ。体の動かし方が、頭で考えないと分からないので。

 

「手をキーボードにおいて、指を動かして、文字を打って」と考えないと、動かないんです。正式には動かないというよりも、癖ですね。子どもの頃からの。

 

なので、非常に疲れるんです。

 

誤字脱字確認してると、僕の場合キリがないので、とりあえず終わり。