自分行方不明な引きこもり人間の日記

愚痴、ネガティブが多いと思います。そういうの苦手な方は見ないほうがいいです。

引きこもりは何が一番辛いか。

将来の不安がつらい、外に出れないのがつらい、やる気がでないのがつらい、自分を責めるのがつらい、色々あると思うんですが、僕は「孤独」が一番つらいと思うんです。

 

例えば、引きこもりの親が本気で子どもと向き合い、接してくれていれば、そもそも引きこもってないわけですね。前の記事でも書きましたが、過干渉がほとんどなので、子どものときから成功体験を奪うわけです。で成功体験を奪っておいて、いざ引きこもりになったら放置です。こちら側から文句を言わせていただくなら、散々干渉したのであれば、引きこもったときの問題解決も面倒みてくれよと。引きこもった途端に放置するのであれば、最初から放任して、色々と経験つませてくれよ、と。

 

世間一般的には引きこもり=甘えですが、実際に引きこもりの家庭を覗いてみると、必ず問題があります。

 

しかし、世間的には甘えに見られても仕方がないと思います。世の中はそんなもんだと思うので。

 

で、ですね、放置されているということは既に親ではないんですね。食事と住む場所だけ提供してくれてる存在ということです。

 

優しくする、甘やかすことが愛情ではないんですね。厳しく叱ってくれる、向き合ってくれることが愛情なんです。

 

その愛情を受け取ってこなかったので、無気力なんです。

 

自分は愛されなかった、だから生きてる価値もない、もうどうにでもなれ。と自暴自棄になります。

 

ですので、親から愛情をもらうのは不可能なんです、絶対に。

 

ではどうすればいいか、同じ引きこもりの仲間や、引きこもりの専門家・アダルトチルドレンのカウンセラーなどと繋がるしかないんです。

 

自分を好きになってから繋がるのではなく、繋がるから自分を好きになれるんです。

 

トラウマが癒せれば、勝手に自分のこと好きになれます。

 

好きにならなきゃ とかではなく、勝手に好きになります。好きになりたくなくても好きになります。

 

で大体こういう場合、引きこもりの方は、自分を好きになったら働かないといけない、だから自分を好きになることも怖い、と考えます。

 

自分を好きになったら働かなきゃではなく、とりあえずトラウマ癒やすことだけ考えていればいいと思うんです。自分を好きになれば、自然と外に出ていきますので。

 

親に愛されなかったとしても、生きてていいですし、幸せになる権利があります。

 

生きてていいんです、引きこもりであっても。

 

精神薬飲んでいても治りません。精神薬はお酒と一緒ですので。その場限りです。

 

根本にあるものはトラウマです。

 

戦争から帰ってきた兵士がPTSDになることがあるらしいですが、それが精神薬で治るでしょうか?なぜPTSDになったのか、それは人を殺めた罪悪感や、戦争の記憶が脳から離れないからです。

 

根本を変えないで治すというのは、無謀だと思います。精神薬出しときゃ治るだろうという精神科医は、教科書通りのやり方しかしりません。

 

ただ本来は、精神科に行く側も、そこを考えて行かなければならないのです。残酷かもしれませんが、無知は自己責任になりますので。

 

自己責任って思えず、人のせいにしてしまう自分がいても、それでもいいと思います。それも、トラウマが癒えれば、勝手に自己責任持てるようになります。

 

僕はこの事実にたどり着くまで、11年も精神薬を飲み続けてしまい、無駄なことをしたと思い、精神科に連れて行った親や精神科医を散々恨みましたが、スピリチュアル的には、この経験を来世に持ち越せるらしいですね。

 

目に見えない世界なので、それが真実かどうかは確認できませんが、そういう経験もすべて持ち越せると思うと、少しは気が楽ではないでしょうか?

 

無駄なことってやはり1つもないと思います。